嫁の浮気相手に制裁

嫁の浮気相手に弁護士を通して慰謝料請求という制裁を下すコツ。相手に責めがあるからと言って、ママに叫んでどなりつけてしまった時には、DV(ドメスティックバイオレンス)と判断されて離婚裁判になった時などに並々ならず自分の立場が弱くなります。

 

激しい語調で叱られたので精神障害を患ったと診断書を病院で医者に書かれて、上さんが裁判所に提示してしまう場合もあります。

 

他には、男を殴打してやりたいと怒り狂う男性もいるのは当然ですが、密夫へ傷害を与えると自分自身が犯罪者となってしまいます。

 

仮に身体的制裁をしなかったとしても、絶叫して叱咤してしまったら脅迫罪で逮捕される可能性もあります。

 

自らで制裁措置を課そうとすると、まことに悔しい幕引きになってしまうことがほとんど。

 

ワイフの不義相手へ誅罰 のために高い値段の慰謝料接収 をしてリベンジを行う手立て。

 

慰謝料の平均的なプライスの二百万円より高い賠償金を請求する正当な手順を紹介。

 

ママの密通が露見したときは、激しい遺恨の気味合いと失望感がなかなか収まりませんよね。